モビットなら申し込みブラックでも?

一般的には、以前に貸金業者を利用(キャッシングのほか、住宅ローンなども含みます。)していたときに、たとえば返済を延滞してしまうなど、何らかの契約を不履行された方は、新たに貸金業者を利用することは難しくなると言われています。
というのも、貸金業者を利用すると、その内容などが「指定信用情報機関」という機関に登録されるのですが、その機関には貸金業者は必ず加盟していることが関係しています。
つまり、その機関に登録された情報を貸金業者はすべて共有しており、たとえば、Aさんがキャッシング会社に申し込みをしたときには、その会社は審査の段階で機関にAさんの情報がないかどうかを調べます。
すると、もしもAさんがこれまでに違う会社でローン契約を結んでいときに延滞をしていて、その情報が機関に残っている場合には、どうしても審査に不利になってしまうのです。

しかし、あくまで審査に不利に響くというだけで、必ずしも審査に通らないということではありません。
実際に、キャッシング会社のモビットでは、「他社で延滞をした記録が残っているものの、少額ながらモビットの審査に通りました。」といった声はよく聞かれます。
ただし、やはり延滞記録がネックとなるのか、審査に通らないといった声も聞こえますので、最終的には、他の条件との兼ね合いも大きいようです。

たとえば、収入が多ければ多いほど、安定していれば安定しているほど、審査では高評価に繋がります。
収入・職種・勤続年数といった項目で特に問題がないようであれば、審査に通る確率も、モビットでは高そうです。